ご利用までの流れ

放課後デイサービスとは?

ご利用までの流れ
障がいのある子どもたちに対し、放課後や長期休暇中において療育の場であるとともに、ご家族の代わりに一時的にお子様をお預かりすることで、ご家族の時間を作って頂く、「家族支援サービス」としての役割を担います。

対象者
学校教育法に規定する学校(幼稚園・大学を除く)に就学している障がいのある児童

サービスの内容
学校授業終了時や休業日に生活能力の向上のために必要な訓練、社会との交流の促進など多様なメニューを設け、本人の希望を踏まえたサービスを提供します。
・自立した日常生活を営むために必要な訓練
・創作的活動、作業活動
・地域交流の機会の提供
・余暇の提供
本人が混乱しないよう学校と放課後デイサービスの一貫性に配慮しながら、学校との連携・協力による支援を行います。

活動内容

  1. 外出企画
    アスレチック・自転車体験・プール・味覚狩り・山登り・電車でお出かけ・買い物・公園
    室内遊具遊びなど、アウトドアな企画目白押しです。
  2. 日々の活動内容
    運動あそび
    巧技台・大縄・ボール・鉄棒・散歩
    雨天時以外は、外で元気いっぱい遊びます。

    リズムあそび
    イス取りゲーム・手遊び・エビカニクス
    音楽に合わせて身体を動かすリトミックを行います。

    造形あそび
    ねんど・お絵かき・シール・つくって遊ぼう
    季節の創作や簡単につくれてあそべるおもちゃなどを作ります。

バスキャッチ

バスキャッチ
バスキャッチ
バスを待つ不安を解消します。
携帯に様々な情報をリアルタイムでお知らせし、携帯で、パソコンで、そしてメールで1分毎に高精度の到着情報を分かりやすくお知らします。
バスは今どこ?あと何分で到着するの?
そんな疑問を簡単に改善でき、到着時間に関する不安が解消されます。
到着案内は世代を問わず楽しめる表現と多彩なコンテンツの配信で、待ち時間を快適な時間に変えていきます。